正看護師の求人の多さ

安定した資格として、長く好まれている正看護師の資格ですが、求人の多さもそれを実感させるものがあるのではないでしょうか。特に、今は20代、30代の求人が多く、看護師専門の求人サイトが数多くあるなど病院の大きさに限らず一定数の確保が求められており、人材の育成が日々求められています。給与の面では夜勤をこなせばかなりの高給にもなるため、資格取得後の働き方も踏まえて考えるといいでしょう。資格の取り方がひとつではないため、自分に合った方法で資格が取れるよう考える必要があります。その方法を以下に記してみました。

看護師の国家試験を受けるために
4年制大学で学ぶ(保健師、助産師の教育プログラムがある大学を含む)
短期大学で学ぶ(修業年限3年が必要)
看護師養成所で学ぶ(通信教育を含むものとする。就業年限3年以上が必要)
5年一貫看護高校で学ぶ(中学卒業後から一貫して学べるメリットがある。修業年限5年)

(参考:日本看護師教会ホームページ)

上記のいずれかで、まず国家試験を受けるための資格を得るための勉強が必要になる。保健師、助産師の資格も取りたい場合は4年制大学、または看護師養成所で4年以上学ぶ必要がある。看護高校にも対応しているところもあるため、学校を選ぶ際に入念に調べてみましょう。看護師は広い意味でコミュニケーション能力も求められ、医学的な知識、処置の技術以外にも計画性の高さ、その実践力も求められることになります。学校の学びだけではなく、普段の生活から人を見て、観察するなど洞察力を養なえるような工夫をしておく必要もあるでしょう。免許を取得する前に出来ればやっておきたいことはたくさんあるため、実習などで伺った先で重視するべきものを聞いておくなど、卒業までに身につけておきたいスキルを絞り込んでおくようにしましょう。語学力も必要になるため、どの程度必要なのかを把握しておく必要もあります。

資格取得後、働きたい病院の規模などにもよりますが、夜勤のある病院に勤めるのか、昼間のみの勤務を希望してクリニックなどを選ぶのかは個人の自由です。とは言え、奨学金などの制度により、就業先が限られる場合も考えられ、それに応じて勤務形態が決まってしまう場合もあります。新人の頃は、何でも経験しておくことで将来の糧になるということも踏まえ、あまりより好みせずに取得した資格を活かすことを前提に考えてみましょう。看護師は引く手あまたと言われる資格ですが、活かし方は取得者によるということを覚えておくといいですね。

中には地元に帰って就職したいと考える方も多いでしょう。奨学金などを受けず、特別な条件がない限り自分が就職したいと考える病院や医療機関の就職試験を受けることは求人があれば可能です。看護師の求人は数が豊富ですが、地元という狭い範囲でどの程度の求人があるかどうかは在学中に確認しておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です